メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

EU

対米報復関税発動 トランプ氏、再報復表明

EUの報復関税は共和党の支持基盤などを標的にする

 【ロンドン三沢耕平、ワシントン清水憲司】欧州連合(EU)は22日、米国による鉄鋼・アルミニウムの輸入制限への対抗措置として、総額28億ユーロ(約3600億円)規模の米製品に最大25%の追加関税を課す報復措置を発動した。これに対して、トランプ米大統領は同日、EUが関税や貿易障壁を直ちに取り除かなければ「EUから米国に輸出されるすべての自動車に20%の関税をかける」とツイッターに投稿、再報復に出る構えを表明した。

 米中に加え、戦後の自由貿易体制を主導してきた米欧が報復の応酬による「貿易戦争」に突入すれば、世界経済への打撃は甚大となる。

この記事は有料記事です。

残り658文字(全文927文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. タイ首相、改憲手続き表明 臨時国会で デモの早期沈静化図る

  2. #排除する政治~学術会議問題を考える 「だんまり決め込むなら、学術会議はなくなったらいい」木村幹教授の痛烈投稿 その真意は

  3. 大阪市4分割ならコスト218億円増 都構想実現で特別区の収支悪化も 市試算

  4. 自転車であおり、初逮捕へ 「桶川のひょっこり男」妨害運転容疑 埼玉県警

  5. 与党はまた“首相隠し”に走るのか くすぶる支持率低下の不安 臨時国会の行方

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです