メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

介護職

利用者・家族から嫌がらせや暴力、7割が経験

 介護現場で働くスタッフの7割が利用者やその家族から嫌がらせや暴力の被害を受けた経験があるとの調査結果を、介護職員の労働組合「日本介護クラフトユニオン」がまとめた。怒鳴られたりサービスを強要されたりするケースが多かった。利用者からのセクハラも横行しており、今後、厚生労働省に対策を要請する。

 ユニオンが4~5月、訪問介護や有料老人ホームで働く組合員2411人から回答を得た。結果は21日に発表した。

 それによると、回答者の70%に被害経験があった。具体的な被害(複数回答)で最多は「攻撃的に大声を出…

この記事は有料記事です。

残り270文字(全文519文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. おげんさんといっしょ 「#おげんさん」再び世界トレンド1位に 第3弾もSNS大盛り上がり

  2. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  3. 大規模河川の堤防も対応能力超え決壊 そのメカニズムとは

  4. 継続は力なり わかやま100年企業の挑戦 亀屋旅館 愛される旅館、いつまでも 完全復旧へ力注ぐ /和歌山

  5. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです