メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしナビ・ライフスタイル

洗濯にひと手間、衣類長もち

左がおしゃれ着用洗剤、右が一般の液体洗剤でそれぞれ5回ずつ洗濯。右は丈が縮み、シワも目立つ=東京都中央区の油脂工業会館で

 日々欠かせない洗濯。洗濯機に任せきりの家庭も多いのでは。衣類を長持ちさせるためには、洗剤の使い分けなどのひと手間が必要だ。

 ●洗剤は使い分けて

 花王の山田勲主席研究員は、普段着を洗う一般的な洗剤(重質洗剤)と、デリケートな衣類を洗うおしゃれ着用洗剤(軽質洗剤)の2種類を用意することを勧める。

 重質洗剤は植物繊維の綿や麻、合成繊維のナイロンやポリエステルなどを洗濯機の標準コースで洗う時に使い、酵素や蛍光増白剤などが入っている。粉末と液体の2タイプがあり、粉末は弱アルカリ性で、泥汚れにも皮脂汚れにも強く万能。液体は弱酸性、中性、弱アルカリ性がある。小さい子どもがいて汚れものが多い家庭は、安価なものでいいので粉末洗剤が一つあれば便利だ。一方、軽質洗剤は中性のみで、動物繊維の毛や絹、軽い汚れのものをドライコースや手洗いコースで洗う時に使う。水道水に含まれる塩素で衣類が変色する場合もあるため、塩素の影響を防ぐための成分も配合されている。

 ニットやカーディガンを軽質洗剤で洗うとシワが出ず、縮んだりよれたりもしない。形を整えて干せばアイロ…

この記事は有料記事です。

残り1173文字(全文1643文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 『ドラえもん』1巻、21世紀で最大の単月実売数 55.5万部「0巻」効果で新たなブーム

  2. 女性専用車両「男性の目がないから…」TV番組炎上 「痴漢こそ問題視すべきだ」声も

  3. 最後のセンター試験、開始 志願者55万人 21年から大学入学共通テストに

  4. エンタメノート 新iPhone「5G待ち」する? AppleTV+にも注目

  5. ナイキの「厚底シューズ」禁止 世界陸連が新規則 英メディア報道

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです