メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしナビ・ライフスタイル

一家だんらん望む母親増加

 毎日家族と「だんらん」がしたい--。昔よりも今の母親の方が家族とのコミュニケーションを重視していることが、象印マホービン(大阪市)のアンケートで分かった。

 象印マホービンは、1982年から12年ごとに「一家だんらん」の意識調査を実施し、時代と共に変化する家族の姿を探っている。今回は今年4月、首都圏に住む中学生の子供がいる母親600人を対象にアンケートした。

 「理想のだんらん回数」を尋ねたところ、半数に近い母親が「毎日」(42・7%)と回答。36年前の82年は、「週3回」(39・2%)が最多だった。毎日のだんらんを望む母親に理由を尋ねると、子どもの話を聞きたいから(53・5%)▽家族がそろうことで絆が深められるから(42・2%)▽家族がそろうのが当然だと思うから(40・6%)--などが挙がる。家族のコミュニケーションを重視した回答が並ぶ中で「家族がそ…

この記事は有料記事です。

残り307文字(全文687文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 感染者の確認ない鳥取・島根 外出自粛の都市部から観光客も 新型コロナ

  2. 専門家、新型コロナ「第2波」懸念 「中国と比べものにならない感染者が日本に」

  3. ファクトチェック 新型コロナ「五輪延期後に検査急増」は本当か 「感染隠蔽」説を検証すると…

  4. NYの看護師が死亡 防護服不足でごみ袋着用 新型コロナ

  5. 安倍首相「長期戦の覚悟を」「気を緩めれば急拡大」「現金給付行う」 新型コロナで記者会見

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです