メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
南光の「偏愛」コレクション

実は親友 作家・原田マハさんの巻

それぞれの「偏愛」について語る原田マハさん(左)と桂南光さん

 何事も「好きになったらとことんハマる」が身上の桂南光さんが今回訪ねるのは、作家・原田マハさんです。代表作『楽園のカンヴァス』(※)を読んでファンになったという南光さん。直後に偶然出会って意気投合し、今ではアートに食に旅にファッションにと、お互いの愛するものについて熱く語らう「偏愛仲間」だといいます。2人が出会った思い出の場所・京都で、マハさんをパワフルな創作活動に導く「偏愛」について聞きました。【山田夢留、写真・川平愛】

この記事は有料記事です。

残り1484文字(全文1697文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. やじ相手に3歳長男を投げつけ容疑 阪神ファン書類送検

  2. 「反日は一部」「少し感情的」日韓市民、一層の関係悪化を懸念 GSOMIA破棄に

  3. 米政府、異例の「失望」声明 韓国GSOMIA破棄に改善促す

  4. 米国防総省「強い懸念と失望表明」 韓国のGSOMIA破棄で声明

  5. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです