連載

焦点・働き方改革

労働法制の大改革は、実態を踏まえて審議が尽くされてきたのか。働く現場や国会の動きから法案のポイントに焦点を当てる。

連載一覧

焦点・働き方改革

首都圏・総合病院の医師悲痛 当直明けも分刻み 「長時間労働、野放し状態」

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
当直明けの朝、疲労を抱えながら入院患者を巡回する男性医師
当直明けの朝、疲労を抱えながら入院患者を巡回する男性医師

 働き方改革関連法案には、終業と始業の間に一定の休息時間を確保する「勤務間インターバル制度」が努力義務として盛り込まれた。医療現場では、医師や看護師の過労は医療の質の低下やミスにつながるとして、制度の必要性が叫ばれている。首都圏にある総合病院で、医師の働き方を追った。【市川明代】

 午前7時15分に起床した当直勤務の男性医師(43)が、疲れ切った表情を見せた。この病院の当直は2人体制。夜間・休日の救急患者は多く、仮眠はほとんど取れない。

 前夜に男性医師は、3カ月の乳児の頭部打撲の診察、食物アレルギーの患者への対応が続いた。さらに救急搬送された高齢者の入院措置、血圧が低下しショック状態となった入院患者への処置……と追われ、休めたのは午前4時半。「患者さんの前で眠そうな顔はできないですよね」と言う。

この記事は有料記事です。

残り919文字(全文1270文字)

あわせて読みたい

注目の特集