メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

金子兜太さん死去

お別れの会 人柄慕い献花の列

金子兜太さんのお別れの会で飾られた遺影。代表的な20句が詠み上げられた=東京都千代田区で2018年6月22日午後0時13分、丸山博撮影

 過酷な戦争体験を礎にして戦後の前衛俳句運動をけん引した文化功労者の俳人、金子兜太さん(2月20日死去、98歳)のお別れの会が22日、東京都千代田区の有楽町朝日ホールで行われた。穏やかにほほえむ金子さんの遺影が掲げられ、温かな人柄を慕う関係者が献花台に行列を作った。

 黙とうの後、十八番の秩父音頭を歌う金子…

この記事は有料記事です。

残り222文字(全文375文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 海からイノシシ、窒息死させて返り討ち 長崎の50代男性に警察官もビックリ

  2. クルーズ船対応、各国批判 「防疫の概念ないのか」「新たな震源地」「失敗した実験」

  3. 声優の後藤淳一さんがバイク事故で死亡 「名探偵コナン」など出演

  4. 難病を紹介する動画 人気声優が拡散に一役

  5. トランプ氏「感染者が日本から帰国、聞いてない」 高官に当たり散らす 米紙報道

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです