病院団体会長

「精神科医に銃」問題 「暴力の容認ではない」協会が見解

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 全国の精神科病院でつくる日本精神科病院協会の山崎学会長が「精神科医にも拳銃を持たせてくれ」という部下の発言を協会の機関誌に載せた問題で、同協会は22日、取材に対して「決して患者への暴力を容認するということではない。今後は適切な表現をするように努めたい」とコメントした。

 問題となったのは、山崎会長が院長を務める病院の医師の発言を…

この記事は有料記事です。

残り248文字(全文413文字)

あわせて読みたい

ニュース特集