金子兜太さん死去

お別れの会 「反知性主義を危惧」

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 過酷な戦争体験を礎にして戦後の前衛俳句運動をけん引した文化功労者の俳人、金子兜太さん(2月20日死去、98歳)のお別れの会が22日、東京都千代田区の有楽町朝日ホールで行われた。穏やかにほほえむ金子さんの遺影が掲げられ、深く温かな人柄を慕う関係者が献花台に長い行列を作った。

 黙とうの後、十八番の秩父音頭を歌う金子…

この記事は有料記事です。

残り222文字(全文379文字)

あわせて読みたい

注目の特集