メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

金子兜太さん死去

お別れの会 「反知性主義を危惧」

 過酷な戦争体験を礎にして戦後の前衛俳句運動をけん引した文化功労者の俳人、金子兜太さん(2月20日死去、98歳)のお別れの会が22日、東京都千代田区の有楽町朝日ホールで行われた。穏やかにほほえむ金子さんの遺影が掲げられ、深く温かな人柄を慕う関係者が献花台に長い行列を作った。

 黙とうの後、十八番の秩父音頭を歌う金子…

この記事は有料記事です。

残り222文字(全文379文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. デマがSNSで拡散「武漢から関空入りの新型肺炎患者が逃走」 モザイク入り微博画像から

  2. 「結婚しなくていい」ヤジ問題で自民・杉田水脈氏、無言貫く 携帯を耳にあて立ち去る

  3. 「タイプだった」患者に強制性交容疑 55歳婦人科医院院長を逮捕 警視庁

  4. 消えたパクチー農家について首相「お答え差し控える」 施政方針演説で紹介

  5. 河井案里氏1.5億円にざわつく自民 下村氏「総裁か幹事長の判断」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです