メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日田市営バス

回数券ミス 100枚つづり10枚多く

 大分県日田市は22日、市営中・上津江バス回数券の印刷発注ミスのため、9年余にわたって計約36万8000円分を安く利用者に販売していたと発表した。利用者は得したが、市税収入はその分減って市は損する格好になった?

 市条例では、回数券100枚つづりで小学生2050円、中学生3080円、一般4110円で販売することになっているが、2009年3月に印刷会社に発注した際に仕様書を誤り、それぞれ10枚多い110枚で印刷、販売した。その後、5回増刷して計920冊を販売。今年6月、条例違反に気付いた。

 市は職員の準公金横領など度重なる不祥事を陳謝した上で、改めて綱紀粛正の徹底を指示。減収分の利用者徴収は考えていないとして、欠損処理や担当職員処分など善後策を検討する。【楢原義則】

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 安倍首相 「自民亭」出席問題なし 投稿の西村氏は注意
  2. 男性死亡 尻に空気、死因は窒息 茨城県警
  3. 2018年問題 変わる「非正規」のルール 4月と10月
  4. SDガンダム 飛駆鳥大将軍がガンプラに 大輝煌鳳凰、鳳凰要塞艦に変形
  5. 弁護士会 野村修也弁護士を懲戒 調査でプライバシー侵害

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]