メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

長崎大

世界の核弾頭1万4450発 18年度推計

推計結果を説明する長崎大核兵器廃絶研究センターの冨塚明准教授=長崎大で、浅野翔太郎撮影

 長崎大核兵器廃絶研究センター(レクナ)は、世界に存在する核弾頭数と核物質量の2018年度の推計を発表した。核弾頭数は前年度比450発減の1万4450発で、13年の推計開始から最も少なくなったが、レクナは「脅威が減っているとは言えない」としている。【浅野翔太郎】

 推計は、米国のシンクタンクなど複数の分析を基に実施している。核弾頭数は多い順に、ロシア6850▽米国6450▽フランス300▽中国270▽英国215▽パキスタン140▽インド120~130▽イスラエル80…

この記事は有料記事です。

残り352文字(全文586文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 会津藩公行列 「ありがとなし…」綾瀬はるかさん手を振り
  2. 障害者雇用水増し 「名前貸して」元横浜家裁職員が証言
  3. 女子テニス 大坂ウイルス性の病気のため武漢オープン欠場
  4. 海賊 ソマリア沖で商船襲撃相次ぐ 干ばつや飢饉が影響か
  5. 新元号 即位前公表「ルール違反」 京産大名誉教授が指摘

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです