メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

沖縄慰霊の日

平和の礎「戦争はもうしないで」祈る人々

戦没者の名前が刻まれた「平和の礎」の前で、手を合わせて冥福を祈る人たち=沖縄県糸満市摩文仁の平和祈念公園で2018年6月23日、野田武撮影

 戦没者の名前が刻まれた平和祈念公園の「平和の礎(いしじ)」では早朝から、家族や親族らの名前に水をかけ、手を合わせる姿が見られた。

 沖縄県糸満市の百次(ももじ)ひろ子さん(75)は父が防衛隊に召集され、戦死した。幼かったひろ子さんら3人を一人で育ててくれた母も7年前に他界。「今は二人で天国で仲良くしていると思う。『孫らを見守ってください』とお願いした。戦争はもうしないでほしい。それだけ」と目を赤くした。

 同県八重瀬町の中村康子さん(87)は沖縄戦で両親と弟2人らを亡くした。康子さんの長男の信博さん(6…

この記事は有料記事です。

残り299文字(全文552文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. オジー・オズボーンさんパーキンソン病告白 メタルの帝王「困難な状況だ」

  2. 第74回毎日映画コンクール 大賞に「蜜蜂と遠雷」 美しい映像で音楽表現 優秀賞「新聞記者」

  3. 議員あぜん「なぜこの資料あるのに示さなかったのか」 「桜」野党ヒアリング2回目詳報

  4. 米兵から性暴力被害を受けた豪女性 安倍首相あてに日米地位協定の改定要望

  5. 論点 橋下徹さん「罪悪感なく公文書廃棄する政府の恐ろしさ」 桜を見る会

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです