沖縄慰霊の日

平和の詩「生きる」全文

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

「生きる」

沖縄県浦添市立港川中学校 3年 相良倫子

 

私は、生きている。

マントルの熱を伝える大地を踏みしめ、

心地よい湿気を孕んだ風を全身に受け、

草の匂いを鼻孔に感じ、

遠くから聞こえてくる潮騒に耳を傾けて。

 

私は今、生きている。

 

私の生きるこの島は、

何と美しい島だろう。

青く輝く海、

岩に打ち寄せしぶきを上げて光る波、

この記事は有料記事です。

残り1360文字(全文1516文字)

あわせて読みたい

注目の特集