メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

沖縄慰霊の日

壕から出て命拾い 82歳「一生忘れぬ」

 沖縄県糸満市米須の大屋初子さん(82)は23日早朝から、自宅近くの「魂魄(こんぱく)の塔」で参拝者に献花用のキクの花束を売った。塔は終戦直後の1946年2月、周辺で野ざらしになっていた沖縄戦の犠牲者の遺骨を納めるために作られた。大屋さんも沖縄戦末期、近くの壕(ごう)にいたが、集団自決の中を生き延びた。今月、14人目のひ孫が生まれた。「今は幸せだけど、戦争のことは一生忘れませんからね」と誓った。

 73年前、静かな集落は戦場になった。母らと壕に隠れたが、日本軍の兵士が来て「戦っているのは俺たちだ…

この記事は有料記事です。

残り421文字(全文670文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 地面師事件 なりすまし容疑者 本人確認で「えと」間違う
  2. ORICON NEWS ゴジラ、NASA研究チームが“星座”に認定 日本の怪獣では初
  3. 1000円札 記号と番号の印刷色、褐色から紺色に変更
  4. 地面師事件 なぜ、積水ハウスはだまされたのか
  5. 堺・弟殺害 父の搬送時、一緒にいた母親も昏睡状態

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです