メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

奥州市

「大谷選手頑張れ」市職員有志がTシャツ姿で業務

Tシャツを着用し、大谷のサインボールやオリジナルのイラストなどを手にする岩手県奥州市職員有志=奥州市の奥州市江刺総合支所で2018年6月22日、鹿糠亜裕美撮影

 米大リーグ・エンゼルスで投打二刀流で活躍する大谷翔平選手の地元、岩手県奥州市の職員有志が22日、エンゼルスのTシャツ姿で業務し、故障した右肘治療中の「故郷の星」にエールを送った。

 市協働まちづくり部の職員約30人がTシャツを自費で購入。大谷選手の「応援デー」と銘打ち、職場で着用した。今後も1軍復帰…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 校長のセクハラ告発女子生徒、焼き殺される 「自殺に見せかけるよう」校長自身が指示 バングラデシュ
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. 池袋暴走事故 亡くなった松永さん親族ぼうぜん「だまされているような」
  4. 許さない 性暴力の現場で/3 親からの虐待 義父の影におびえ続け /群馬
  5. 池袋事故 87歳運転の車は150m暴走 自転車の母娘死亡

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです