メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

はやぶさ2

コマ型のリュウグウ 着陸に有利か不利か

リュウグウの最新画像について説明する吉川真・はやぶさ2ミッションマネジャー=東京都千代田区の宇宙航空研究開発機構で2018年6月21日、永山悦子撮影

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)が21日に公開した小惑星リュウグウの最新画像から、これまで未知の世界だった探査機「はやぶさ2」の目的地の素顔が見えてきた。出発前はジャガイモのような球状と考えられていたが、近付くにつれて明らかになったのは、コマ回しのコマや、カクテルグラスを二つ合わせたかのような形。表面には、大きなクレーターや岩塊などもありそうだ。このリュウグウの形は、はやぶさ2の着陸にとって有利か不利か。【永山悦子】

 この日の記者説明会では、6月18日(リュウグウから216キロ地点)から20日(同100キロ地点)に撮影したリュウグウの画像16枚が公開された。吉川真・はやぶさ2ミッションマネジャーは「コマ型(英語で『top shape』)は意外だった」と切り出した。コマ型の小惑星は珍しいものではないという。では、何が意外だったのか。

この記事は有料記事です。

残り1765文字(全文2136文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 映画『鬼滅の刃』興収300億円に向けファン団結「煉獄さんを300億の男に」 『コナン』に似た運動

  2. 史上最大級の「ペヤング超超超超超超大盛やきそばペタマックス」発売へ 通常の約7.3倍 まるか食品

  3. #排除する政治~学術会議問題を考える 「だんまり決め込むなら、学術会議はなくなったらいい」木村幹教授の痛烈投稿 その真意は

  4. 網戸のひもで6歳死亡、YKK APを提訴 「欠陥」首に絡まり 大阪地裁

  5. ORICON NEWS 映画『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』興収15億円突破 週末ランキング6週連続TOP5

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです