高知県庁

ニワトリ「県鳥君」に新家族? 妻と5羽のひな

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
我が子(?)を遠目から見つめる県鳥くん(上)=高知県庁で2018年6月22日午前9時58分、北村栞撮影
我が子(?)を遠目から見つめる県鳥くん(上)=高知県庁で2018年6月22日午前9時58分、北村栞撮影

 4年ほど前から高知県庁の敷地の一角にすみ着き、周囲から「県鳥君」と呼ばれて親しまれている雄の「野良ニワトリ」が、雌や5羽のひなと暮らし始めた。

 雌は今春、県鳥君に寄り添うようになり、2羽とも一時姿を消したが、最近ひなを連れて戻ってきた。2羽とも、元々は約600メートル離れた高知大神宮で飼育されてい…

この記事は有料記事です。

残り99文字(全文249文字)

あわせて読みたい

ニュース特集