メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東都大学野球

首位打者の吉田にブロンズ像

春季リーグの首位打者に輝いた中大の吉田=2018年6月22日午後7時43分、平本泰章撮影

 東都大学野球春季リーグの表彰式が22日、東京都内で行われ、打率4割1分5厘(41打数17安打)で初の首位打者に輝いた中大の吉田叡生外野手(4年・佐野日大)に、毎日新聞社からブロンズ像が贈られた。今季はインパクトの瞬間だけに力を入れることを心がけたといい、吉田は「肩の力を抜き、結果を求め過ぎないよう…

この記事は有料記事です。

残り153文字(全文303文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. プロ野球 セ・リーグ全日程終了危機 阪神残りは18試合
  2. 自民総裁選 じわり広がる不満、圧勝逃す 「安倍1強」転換点
  3. 覚醒剤 使用容疑で元うたのお兄さんを逮捕
  4. 自民総裁選 伸びぬ党員票「打ち上げではない。反省会だ」
  5. 日本維新の会 創始者・橋下氏が新著「維新、失敗だった」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです