メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ロシアW杯

ブラジル、覚醒の2発 ネイマールも泣いた

【ブラジル-コスタリカ】試合終了間際、ゴールを決めてチームメートと喜ぶブラジルのネイマール(右)=ロシア・サンクトペテルブルクで2018年6月22日、長谷川直亮撮影

 ○ブラジル2-0コスタリカ●(22日)

 試合終了の笛を聞いたネイマールはピッチに座り込み、両手で顔を覆って泣いた。ファウルも辞さない厳しいマークを集中され、1-1の引き分けに持ち込まれたスイスとの初戦同様、苦しみ抜いた。

 一方的に攻めながらゴールに届かず、後半のロスタイムが「6分」と宣告された直後。ブラジルはマルセロの左クロスを逆サイドのフィルミノが頭で折り返した。中央のガブリエルジェズスがボールを受け、左脇を駆け抜けたコウチーニョがゴールに押し込んで、ようやく均衡を破る。さらに終了間…

この記事は有料記事です。

残り370文字(全文616文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 志村けんさん、新型コロナ肺炎で死去 感染判明から1週間 ドリフターズで活躍

  2. たばこを吸っていると新型コロナで重症化しやすいのは本当か 専門家が警告する

  3. 河井案里参院議員、救急搬送 薬を多量に服用

  4. ORICON NEWS 和田アキ子、志村けんさん追悼「本当に残念」 飲み屋での思い出も回顧[コメント全文]

  5. 新型コロナで都市封鎖は実行されるのか 小池都知事「ロックダウン」警告の真意

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです