ソフトボール

女子日米対抗戦 「ここで五輪、実感」 県営あづま球場、7197人大声援 /福島

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 2020年の東京五輪でソフトボールの一部の試合が行われる福島市佐原の県営あづま球場で、女子の国際親善試合「日米対抗ソフトボール2018」の第3戦があった。過去の五輪4大会中2大会で決勝カードとなった両国の対戦に、訪れた観客は大きな声援を送った。

 試合は日本が2-0でアメリカを降し、3戦全勝とした。三回2死一塁から主将の山田恵里選手が決勝打となる2点本塁打を放つと、会場からは大きな歓声が上がった。会津若松商業高2年でソフトボール部の星日…

この記事は有料記事です。

残り332文字(全文552文字)

あわせて読みたい

ニュース特集