連載

支局長からの手紙

毎日新聞デジタルの「支局長からの手紙」ページです。最新のニュース、記事をまとめています。

連載一覧

支局長からの手紙

子ども食堂 /兵庫

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
子ども食堂「晴れるや」で昼食を盛りつける「まんまプロジェクト」のメンバーたち=兵庫県尼崎市武庫元町2の特別養護老人ホーム博寿苑で、佐竹義浩撮影
子ども食堂「晴れるや」で昼食を盛りつける「まんまプロジェクト」のメンバーたち=兵庫県尼崎市武庫元町2の特別養護老人ホーム博寿苑で、佐竹義浩撮影

 地域の子どもらに無料か低額で食事を提供する「子ども食堂」が全国に広がっています。今月上旬の土曜日、ボランティア団体「まんまプロジェクト」(尼崎市、西ユミ子代表)が運営する子ども食堂「晴れるや」を訪ねました。尼崎市武庫元町2の特別養護老人ホーム「博寿苑」の5階ホールを借りて開かれ、約60人が参加。大人も参加でき、幼稚園児や小学生を連れた母親や家族連れ、高齢者の方々でにぎわっていました。

 食事の前に、地元のボランティアがマジックショーを披露。大いに盛り上がった後で、西さんたち「まんまプロジェクト」のメンバーが心を込めて作ったお昼ご飯が振る舞われました。この日のメニューは鶏肉のトマト煮、ビーフンスープ、大根の煮物、リンゴとミカンなど。みんな和気あいあい、楽しそうにおしゃべりをしながら食事をしました。

この記事は有料記事です。

残り874文字(全文1226文字)

あわせて読みたい

注目の特集