メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

教員養成プログラム

高校生対象 10月から、6年間サポート 県教委 /奈良

 県教委は10月から、現役高校生を対象とした小学校教員養成プログラムを始める。人口減少に伴う人材獲得競争が激しくなる中、早期から優秀な人材を育成し、教育の質の向上を目指す。高校2年から大学4年までの6年間を一貫サポートするのは全国初という。【大西咲子】

 名称は「県次世代教員養成塾」で、今年度の定員は高校2年生80人程度。既に募集を開始しており、7月6日が締め切り。書類審査と面接で選考し、10月から講座をスタートさせる。

 高校2、3年時に受講する前期プログラムは原則月1回の計10回。講座を担当するのは小学校教員養成課程がある6大学で、畿央▽帝塚山▽奈良学園▽奈良教育▽奈良女子▽大和--。ディスカッションなどを通じて対話力や共感力など小学校教員の基礎となる力を養うとともに、学ぶことや教える楽しさを実感できる内容を予定している。現役の小学校教員との交流の場も設ける。

この記事は有料記事です。

残り309文字(全文694文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 首相「少々失礼じゃないでしょうか」 蓮舫氏「言葉が伝わらない」批判に気色ばむ

  2. 東名あおり運転デマ投稿、強制起訴の被告が死亡

  3. ORICON NEWS 山口百恵“伝説の引退コンサート”1度限りの再放送決定 若い世代も感動

  4. 自公、幹部の銀座クラブ出入りで危機感 野党「店罰して議員罰しないのは言語道断」

  5. 新型コロナ・私権制限をどう見る 「政府の責任だけではない」 危機管理の観点で見た第3波 先崎日大教授

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです