メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

コミュニティナース

支援、ふるさと納税で資金集め 高齢化進む雲南市と「おっちラボ」 /島根

茶話会で参加者と談笑するコミュニティナースの宮本裕司さん(中央)=島根県雲南市で、山田英之撮影

 雲南市とNPO法人「おっちラボ」(同市木次町木次)は、インターネットで資金を集めるクラウドファンディング(CF)を活用し、病院ではなく地域の集会所など住民に身近な場所で働く看護師「コミュニティナース」の支援事業を始めた。目標額は3カ月で800万円。コミュニティナース2人の1年間の人件費や活動費に充てる。【山田英之】

 資金調達は、ふるさと納税の総合サイト「ふるさとチョイス」で市が実施し、今月中旬から資金提供を呼びか…

この記事は有料記事です。

残り440文字(全文649文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 夜景都市 新三大夜景、神戸が4位に、北九州市に抜かれる
  2. 京都市バス 運転手、転倒の客救護せず「毎回こけますね」
  3. 寡婦控除 未婚に所得制限、事実婚は対象外 与党調整
  4. 衆院議運委 麻生氏の発言を問題視 G20出張了承せず
  5. 特集ワイド 「昭和の夜」また一つ 伝説のキャバレー「ハリウッド」、58年の歴史に幕

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです