メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

八代市

新庁舎の概要発表 総事業費162億円 震度7に耐える免震構造 20年度末、完成予定 /熊本

 熊本県八代市は22日、市役所の新しい本庁舎の基本設計を発表した。本庁舎は2016年の熊本地震で被災して使用停止となり、同じ場所での建て替え計画を進めていた。隣接する八代城跡の石垣などと調和した外装デザインにする予定で、実施設計を経て来夏に着工、2020年度末の完成を目指している。現庁舎の解体を含めた総事業費は約162億8000万円。

 新庁舎は地上7階、地下1階(公用車用駐車場)の延べ床面積約2万6500平方メートルで、内装には木材…

この記事は有料記事です。

残り234文字(全文452文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. はやぶさ2、リュウグウ着陸成功 データ確認で管制室に歓声
  2. はやぶさ2試料採取の意義とは 新たな太陽系のなぞを探る「0.1グラム」
  3. 「大好きだよ、はやぶさ2」ブライアン・メイさんが応援メッセージ
  4. 東京都立高入試、過去最低の平均応募倍率 進む二極化
  5. はやぶさ2 「まさか」科学的に意外だったリュウグウの姿

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです