メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ストーリー

若者たちの半世紀(その1) 終わらぬ「渋谷暴動」

中村恒雄巡査の墓へと続く坂道を歩く兄の秀雄さん。墓前に広がる海は、秀雄さんら兄弟の子供の頃の遊び場だった=新潟県佐渡市で5月、竹内紀臣撮影

 島を渡る潮風にタンポポが揺れていた。新潟県佐渡市の西端、日本海に突き出した長手岬の緩やかな坂道を上った先に、新潟県警の中村恒雄巡査(当時21歳、殉職後に警部補へ昇任)の墓はあった。中村巡査は1971年11月、過激派が東京・渋谷を占拠しようとした「渋谷暴動事件」で暴徒化した学生に殺害された。「学生たちを憎む気持ちは年々薄れている気がしますが、彼らが事件をどう考えてきたのか、その心の軌跡を知りたいという思いは強くなっています」。中村巡査の兄、秀雄さん(74)はつぶやいた。

 尾崎紀世彦さんの「また逢う日まで」がヒットした71年は、過激化した学生が米軍の駐留を認めた沖縄返還…

この記事は有料記事です。

残り487文字(全文774文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 早見あかり、婚姻届を提出 お相手は30代前半の会社員の男性、7月に婚約会見
  2. 革新機構、社長ら9取締役辞任へ 高額報酬で経産省と対立
  3. ロシアメディア、紀平をたたえる 王位は「驚異の日本人に」
  4. 記者殺害後、サウジ皇太子に助言か トランプ氏娘婿
  5. ORICON NEWS 鈴木保奈美『SUITS』クランクアップ「“織田節”を堪能いたしました」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです