メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ストーリー

若者たちの半世紀(その1) 終わらぬ「渋谷暴動」

中村恒雄巡査の墓へと続く坂道を歩く兄の秀雄さん。墓前に広がる海は、秀雄さんら兄弟の子供の頃の遊び場だった=新潟県佐渡市で5月、竹内紀臣撮影

 島を渡る潮風にタンポポが揺れていた。新潟県佐渡市の西端、日本海に突き出した長手岬の緩やかな坂道を上った先に、新潟県警の中村恒雄巡査(当時21歳、殉職後に警部補へ昇任)の墓はあった。中村巡査は1971年11月、過激派が東京・渋谷を占拠しようとした「渋谷暴動事件」で暴徒化した学生に殺害された。「学生たちを憎む気持ちは年々薄れている気がしますが、彼らが事件をどう考えてきたのか、その心の軌跡を知りたいという思いは強くなっています」。中村巡査の兄、秀雄さん(74)はつぶやいた。

 尾崎紀世彦さんの「また逢う日まで」がヒットした71年は、過激化した学生が米軍の駐留を認めた沖縄返還…

この記事は有料記事です。

残り487文字(全文774文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潮45休刊 「組織ぐるみ擁護に怒り」新潮社前でデモ
  2. 伊方再稼働許可 「福島の事故忘れたか」被爆者ら怒り
  3. 涼宮ハルヒ 5年ぶり新作書き下ろし短編 「ザ・スニーカー」特別号に掲載
  4. 新潮社 「新潮45」が休刊 杉田氏擁護特集で批判浴び
  5. 国語世論調査 「存亡の危機」83%が使用 「新語で苦労」55% 16年度

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです