メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

囲碁・将棋スペシャル

将棋 C級2組 池永四段 順位戦、白星発進 苦節8年修業に励み昇段

 <第77期順位戦C級2組 西川和宏六段VS池永天志四段(先)>

 今回は池永天志(たかし)四段(25)を紹介しよう。大阪市出身。小学1年生で将棋を覚え、関西将棋会館の道場に通って強くなる。研修会に入会し、幹事の紹介で小林健二九段に弟子入りする。中学1年生で研修会から昇級して奨励会入り。主にネット将棋で鍛えて17歳になる直前に三段に。

 ここまでは順風満帆だったが、三段リーグでは苦労する。同世代には高見泰地叡王や菅井竜也王位などライバルが多く、勝てなかった。5期連続で負け越して、降段点を2度もとった。幸い降段は免れたが(連続2回で降段)、昇段を狙うどころではなかった。池永はひたすら修業に励み、記録係や塾生も数多くこなした。記録係は400局近く、順位戦だけでも100局近くも務めた。

この記事は有料記事です。

残り1001文字(全文1343文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東名あおり運転デマ投稿、強制起訴の被告が死亡

  2. 「自宅籠城を」 小倉城が緊急事態宣言仕様の「御城印」をネット限定販売

  3. 匿名の刃~SNS暴力考 あおり運転の「ガラケー女」に誤認、今も続く中傷 それでも「裁判通し誰かの役に立ちたい」

  4. バスマットから考えるアスベスト問題 輸入された石綿、いまだに販売 発症は数十年後 誰もが被害者になる恐れ

  5. 救急搬送の辞退も 介護施設内でコロナ患者9人が最期 埼玉・戸田

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです