出版

精神障害者 暴力の体験語った本

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
話し合いを重ねる当事者たち=蔭山正子さん提供
話し合いを重ねる当事者たち=蔭山正子さん提供

 家族に暴力をふるった精神障害者が体験を語った「当事者が語る精神障がいとリカバリー続・精神障がい者の家族への暴力というSOS」(明石書店)が出版された。

 蔭山正子・大阪大大学院医学系研究科准教授と、当事者らのグループ「YPS横浜ピアスタッフ協会」のメンバーが月に1度集まり、赤裸々に語り合った。

 厚生労働省によると、統合失調症やうつ病など精神疾患がある患者数は、約320万人(2011年)。蔭山さんは「精神疾患は、4~5人に1人は生涯に罹患(りかん)するありふれた病気。どのような病気で、どのような大変さがあ…

この記事は有料記事です。

残り381文字(全文635文字)

あわせて読みたい

注目の特集