メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

『ファクトチェックとは何か』=立岩陽一郎、楊井人文・著

 (岩波ブックレット・626円)

 米国でトランプ大統領が就任して以来、その言説がどこまで真実かをチェックする「ファクトチェック」が活発になっている。日本でも、ようやく同様の活動が出てきた。その最新事情を知るのに好適なテキストだ。

 安倍晋三首相が昨年秋の総選挙で「消費税率の2%引き上げで5兆円強の税収となる」と発言した。さて、これはどこまで正しいか。

 ファクトチェック活動はこの真偽を確かめるために財務省などを取材し、専門家の意見も聞く。その結果、過去の税収計算から、2%は約5兆円に相当するが、それがそのまま予測通りに実現するとは限らないことが過去の経済分析から分かる。よって、うそではないが、「事実と認めるには不確かな内容がある」との評価が下る。

この記事は有料記事です。

残り144文字(全文469文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「存在しません」東京五輪ツイッター公式アカウント 規約抵触で 24日午後に復旧

  2. 「市にうそつきと思われショック」児童扶養手当、突然の打ち切り 元夫の意外な行動

  3. 岐阜県知事選 古田氏が5選 新人3氏を破る

  4. 「地域から協力金集めて慰安旅行」 幽霊消防団員巡り告発続々 地域社会にあつれき

  5. 菅首相、SNS活用を学ぶ 「曲解して伝わる仕組み」に強い関心

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです