メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

加藤陽子・評 『戊辰戦争の新視点 上・下』=奈倉哲三ほか編

 (吉川弘文館・各2376円)

戊辰150年という立場

 今年2018年がどのような年として記憶されるのかは、人それぞれに違ってこよう。ただ、百年単位で歴史の画期を捉える「周年」の考え方をとれば候補は限られてきそうだ。例えば、今年が第一次大戦終結から百年だと意識される時、そこには、大戦を今の地点で回顧したらどうなるかという関心が内包されているように思う。欧州の国際秩序を一変させ、長きにわたった総力戦は、なぜ始まってしまったのか。これは百年にふさわしい問いだろう。

 現在では概(おおむ)ね次のように説明される。まず、経済の緊密な国際分業が、欧州各国の民衆を「繁栄の…

この記事は有料記事です。

残り1244文字(全文1525文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 即興、紙見ず3分間 小泉環境相 初国連演説手応え 内容は具体性なく

  2. 嵐・松本さん、KAT-TUN亀梨さん炊き出しで被災地激励 千葉・館山

  3. ラグビーW杯、食品持ち込みOKに 飲料はこれまで通り禁止

  4. 「助けて」茨城・境町で夫婦死亡 県警は殺人事件で捜査

  5. 「ポイント還元どうしたらいい」高齢者や生活保護受給者が困惑の声 消費増税

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです