メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ニュースアップ

刑務所で性犯罪再犯防止指導 考え方の「ゆがみ」気付かせ=高松支局・岩崎邦宏

電車内で痴漢を何度も繰り返した男性受刑者=高松刑務所で、岩崎邦宏撮影

 性犯罪者の更生に向け、法務省が2006年に導入した「性犯罪再犯防止指導」が各地の刑務所で続けられている。痴漢や強制わいせつなどの性犯罪は減少傾向にある半面、再犯リスクの高さが指摘されているためだ。指導では一定の効果がみられるが、受講を待つ受刑者の増加や出所後のケアの手薄さが課題となっており、同省は対応に苦慮している。

この記事は有料記事です。

残り2796文字(全文2956文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ど迫力!金色の巨大ホワイトタイガー 埼玉・東武動物公園駅前 リアルわらアート

  2. 本能寺の変4日後 明智光秀直筆の文書、初公開 19日、1日限定 滋賀・多賀

  3. 「ニセモン」? これってアリ? 中国版ポケモンGOを現地でプレーしてみた

  4. ORICON NEWS 『ドラえもん』1巻、21世紀で最大の単月実売数 55.5万部「0巻」効果で新たなブーム

  5. 総額数億円?選手1人の不正だけで、なぜ高額配当連発 競艇八百長事件の仕組みを探る

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです