メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ニュースアップ

刑務所で性犯罪再犯防止指導 考え方の「ゆがみ」気付かせ=高松支局・岩崎邦宏

電車内で痴漢を何度も繰り返した男性受刑者=高松刑務所で、岩崎邦宏撮影

 性犯罪者の更生に向け、法務省が2006年に導入した「性犯罪再犯防止指導」が各地の刑務所で続けられている。痴漢や強制わいせつなどの性犯罪は減少傾向にある半面、再犯リスクの高さが指摘されているためだ。指導では一定の効果がみられるが、受講を待つ受刑者の増加や出所後のケアの手薄さが課題となっており、同省は対応に苦慮している。

この記事は有料記事です。

残り2796文字(全文2956文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 三原じゅん子議員「愚か者の所業」って…「謙虚さ忘れた圧政者」と批判
  2. 「2球で3アウト」無死走者なしで珍事 高校野球で 関係者は「初耳」
  3. わいせつ動画投稿疑い 長崎県職員の22歳女を逮捕 京都府警
  4. ウソだった…宮迫博之ら11人を謹慎処分「2万〜3万円のギャラの芸人も 最初から全てを話すべきだった」(スポニチ)
  5. 米軍燃料流出、131件日本側に知らされず 開示文書では環境への影響「Yes」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです