野呂邦暢小説集成

完結 詩的感性、筆のさえ 原爆描いた未完の長編収録

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 <日曜カルチャー>

 長崎県諫早市を拠点に活躍した作家、野呂邦暢(くにのぶ)(1937~80年)の精髄を伝える『野呂邦暢小説集成9 夜の船』(文遊社、3888円)が6月に刊行され、同集成全9巻が完結した。『集成9』には野呂の原点となったエッセー集「地峡の町にて」、長崎原爆を描く未完の長編「解纜(かいらん)のとき」、唯一の詩集「夜の船」などを収録。詩的感性で繊細な文章をつづった作家の豊かさや可能性を再認識させる。【米本浩二】

 野呂は長崎市生まれ。ガソリンスタンド勤務などさまざまな職業を経験した。65年に文学界新人賞佳作でデビュー。74年、陸上自衛隊での体験を基にした「草のつるぎ」で芥川賞受賞。80年に心筋梗塞(こうそく)のため42歳で急逝した。

この記事は有料記事です。

残り2492文字(全文2817文字)

あわせて読みたい

注目の特集