メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

野呂邦暢小説集成

完結 詩的感性、筆のさえ 原爆描いた未完の長編収録

 <日曜カルチャー>

 長崎県諫早市を拠点に活躍した作家、野呂邦暢(くにのぶ)(1937~80年)の精髄を伝える『野呂邦暢小説集成9 夜の船』(文遊社、3888円)が6月に刊行され、同集成全9巻が完結した。『集成9』には野呂の原点となったエッセー集「地峡の町にて」、長崎原爆を描く未完の長編「解纜(かいらん)のとき」、唯一の詩集「夜の船」などを収録。詩的感性で繊細な文章をつづった作家の豊かさや可能性を再認識させる。【米本浩二】

 野呂は長崎市生まれ。ガソリンスタンド勤務などさまざまな職業を経験した。65年に文学界新人賞佳作でデ…

この記事は有料記事です。

残り2554文字(全文2817文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 会津藩公行列 「ありがとなし…」綾瀬はるかさん手を振り
  2. 新元号 即位前公表「ルール違反」 京産大名誉教授が指摘
  3. 社会人野球 北海道、24日に代表決定戦
  4. 警察庁 40代女性警視がセクハラ被害 公務災害に認定
  5. 会津藩公行列 綾瀬はるかさんも参加 戊辰150年

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです