メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

野呂邦暢小説集成

完結 詩的感性、筆のさえ 原爆描いた未完の長編収録

 <日曜カルチャー>

 長崎県諫早市を拠点に活躍した作家、野呂邦暢(くにのぶ)(1937~80年)の精髄を伝える『野呂邦暢小説集成9 夜の船』(文遊社、3888円)が6月に刊行され、同集成全9巻が完結した。『集成9』には野呂の原点となったエッセー集「地峡の町にて」、長崎原爆を描く未完の長編「解纜(かいらん)のとき」、唯一の詩集「夜の船」などを収録。詩的感性で繊細な文章をつづった作家の豊かさや可能性を再認識させる。【米本浩二】

 野呂は長崎市生まれ。ガソリンスタンド勤務などさまざまな職業を経験した。65年に文学界新人賞佳作でデ…

この記事は有料記事です。

残り2554文字(全文2817文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. トゥルシンバエワ「信じられない」シニア女子初の4回転サルコウ成功
  2. アクセル決めた!紀平、笑顔のフィニッシュで220点台
  3. ORICON NEWS NGT48山口真帆、調査結果に不満「今までずっと耐えてきました」
  4. イチロー引退会見「妻と一弓には感謝の思いしかない」一問一答(その5)
  5. チチロー「いつか来る日が来てしまった」 孤高の天才支えた父や妻

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです