メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

野呂邦暢小説集成

完結 詩的感性、筆のさえ 原爆描いた未完の長編収録

 <日曜カルチャー>

 長崎県諫早市を拠点に活躍した作家、野呂邦暢(くにのぶ)(1937~80年)の精髄を伝える『野呂邦暢小説集成9 夜の船』(文遊社、3888円)が6月に刊行され、同集成全9巻が完結した。『集成9』には野呂の原点となったエッセー集「地峡の町にて」、長崎原爆を描く未完の長編「解纜(かいらん)のとき」、唯一の詩集「夜の船」などを収録。詩的感性で繊細な文章をつづった作家の豊かさや可能性を再認識させる。【米本浩二】

 野呂は長崎市生まれ。ガソリンスタンド勤務などさまざまな職業を経験した。65年に文学界新人賞佳作でデビュー。74年、陸上自衛隊での体験を基にした「草のつるぎ」で芥川賞受賞。80年に心筋梗塞(こうそく)のため42歳で急逝した。

この記事は有料記事です。

残り2492文字(全文2817文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「ウイルスある程度まん延」専門家が読む北九州の現状 他都市も再燃警戒

  2. コロナ患者受け入れ、億単位の収入減 政府支援「全く不足」 聖路加国際病院長

  3. 東京都、緩和基準決定 「1日の新規感染者数20人未満」など3要件

  4. 新型コロナ 北九州、第2波恐れ 新規感染、4日で14人

  5. 今夏の湘南、海水浴は難しそう 開場なしで「無秩序状態に」不安の声も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです