メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

沖縄慰霊の日

「辺野古移設、平和に逆行」翁長知事

沖縄全戦没者追悼式で平和宣言を読み上げるため、演壇に向かう翁長雄志知事=沖縄県糸満市摩文仁の平和祈念公園で2018年6月23日、野田武撮影

 73年前の沖縄戦などの犠牲者を悼む「慰霊の日」の23日、沖縄県内各地で追悼行事や慰霊祭があった。糸満市摩文仁(まぶに)の平和祈念公園では県など主催の「沖縄全戦没者追悼式」が営まれ、翁長雄志(おなが・たけし)知事は平和宣言で、政府が進める米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古への県内移設を「全く容認できない」と強く批判した。

 翁長知事は平和宣言で、今月12日にあった史上初の米朝首脳会談など東アジアの安全保障環境の変化に言及…

この記事は有料記事です。

残り757文字(全文972文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ゆるキャラ GPは志木の「カパル」 注目の四日市は3位
  2. 北海道 函館山ロープウェイ開業60周年 無料開放
  3. 全国人権・同和教育研究大会 差別なき世界、子どもに 教育者ら討論や発表 大津など6市 /滋賀
  4. 社説 「イッテQ」にやらせ疑惑 うやむやでは済まされぬ
  5. 兵庫・篠山市 「丹波篠山市」変更が賛成多数 住民投票

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです