沖縄慰霊の日

知事平和宣言(全文)

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
沖縄全戦没者追悼式で平和宣言を読み上げる沖縄県の翁長雄志知事=沖縄県糸満市で2018年6月23日午後0時23分、津村豊和撮影
沖縄全戦没者追悼式で平和宣言を読み上げる沖縄県の翁長雄志知事=沖縄県糸満市で2018年6月23日午後0時23分、津村豊和撮影

 二十数万人余の尊い命を奪い去った地上戦が繰り広げられてから、73年目となる6月23日を迎えました。

 私たちは、この悲惨な体験から戦争の愚かさ、命の尊さという教訓を学び、平和を希求する「沖縄のこころ」を大事に今日を生きています。

 戦後焼け野原となった沖縄で、私たちはこの「沖縄のこころ」をよりどころとして、復興と発展の道を力強く歩んできました。

 しかしながら、戦後実に73年を経た現在においても、日本の国土面積の約0.6%にすぎないこの沖縄に、米軍専用施設面積の約70.3%が存在し続けており、県民は、広大な米軍基地から派生する事件・事故、騒音をはじめとする環境問題等に苦しみ、悩まされ続けています。

この記事は有料記事です。

残り1048文字(全文1348文字)

あわせて読みたい

注目の特集