メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

IOC会長

卓球交流で南北融和演出 政治ショーとの声も

 国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長が「ピンポン外交」に熱を入れている。22日にはIOC本部のあるスイスのローザンヌに韓国、北朝鮮、日本、中国の卓球選手を招き、混合ダブルスの親善試合で交流した。朝鮮半島の南北融和などスポーツを通じた国際平和の実現を訴えたが、功績を積極的にアピールする姿勢にIOC内部から「政治ショーだ」との声も漏れる。

 「橋渡し役となるスポーツ特有の力を、選手が示してくれる」。五輪博物館で開かれた式典で、バッハ会長は…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS Hey! Say! JUMP、全国ツアー開催を見送り 一部ファンの迷惑行為の影響
  2. 「佐賀、北朝鮮のよう」自民・谷川議員が長崎新幹線めぐり発言
  3. 神羅万象チョコ 15年の歴史に幕 累計1億2575万個販売 7月に最終弾発売
  4. いだてん 孝蔵役の森山未來が金原亭馬生と古今亭志ん朝も演じ分け 語り含め1人4役に視聴者衝撃
  5. パール槍ケ岳 真珠のランデブー 長野・須坂

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです