メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

まいスタイル@ストリート

(101)バーバリーチェックの魅力

バーバリーチェックのパンツをはいた女性=日本ファッション協会提供

 今季のストリートは柄物が人気。柄に柄を合わせる人が多く、エネルギッシュにオシャレを楽しめるシーズンとなっている。昨秋からグレンチェックを筆頭に「チェック」がブームになっているが、特に話題になったのはバーバリーチェックだ。

 英国のファッションブランド「バーバリー」が、初めてファッションアイテムにチェックを取り入れた時は注目されなかった。しかし1964年の東京オリンピックで、英国の女子選手がバーバリーのコートをチェックの裏地が見えるようにして持ち歩いている姿がメディアに取り上げられ、瞬く間に人気を確立。その後、傘やバッグ、スカーフなどさまざまなファッションアイテムに展開されるようになった。

 現在、バーバリーチェックはミレニアル世代によって再解釈され、イギリス風の上品なスタイルから、カジュアルなアイテムと組み合わせるモダンなスタイルへと変化した。今季は小物で取り入れるのが人気。王道の柄なので小物でも十分存在感を発揮できる。また近年は、ボアやキルティングなど裏地のデザインが注目されている。ファッショニスタたちは、斬新にもトレンチコートを裏返しに着て、バーバリーチェックとの組み合わせを楽…

この記事は有料記事です。

残り1504文字(全文2001文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「多くの人が納得し喜んでくれている状況ではない」 秋篠宮さま会見全文

  2. 「結婚は認める」しかし… 秋篠宮さま、重い立場に複雑 「見える形」での説明求める

  3. 「菅語」を考える 小田嶋隆さんが読む首相の「恐怖政治断行」宣言 「小さな部屋の王様」の恫喝

  4. 「親としては尊重。結婚を認める」 秋篠宮さま、眞子さまの思い表明に

  5. 「菅語」を考える 論理的でない受け答え「首相の器ではない」 上西充子法政大教授

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです