連載

新20世紀遺跡

古代だけではなく明治以降の遺跡にも近年関心が高まっています。そんな全国各地の近現代遺跡を紹介します。毎月1回更新。

連載一覧

新20世紀遺跡

/58 大阪府島本町 桜井駅跡

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
楠木正成伝説の地、国指定史跡桜井駅跡には「明治天皇御製碑」(左)などがたつ=大阪府島本町で
楠木正成伝説の地、国指定史跡桜井駅跡には「明治天皇御製碑」(左)などがたつ=大阪府島本町で

尊皇の象徴、楠木正成の「聖地」

 明治と改元されて150年の今年、近代の再検証が学会、メディアや出版界でも盛んだ。記者もゆかりの地を訪ねた。

 まずは阪急水無瀬駅(大阪府島本町)に降り立つ。駅前に掲げられた地図をみると、JR島本駅方面に延びる道路に「楠公(なんこう)道路」とある。歩いて5分ほどのところに「史跡桜井駅跡史跡公園」(同町)がある。

 楠公とは楠木正成(?~1336年)である。後醍醐天皇に味方した正成は同年、都に攻め寄せてきた敵の足利尊氏軍を湊川に迎え撃ち、戦死した。『太平記』によれば正成は尊氏軍との決戦に反対したが、公家らに押し切られた。死を覚悟した正成は同行していた11歳の嫡男・正行を本国河内に帰らせた。親子が別れたのが「桜井の宿」だ。

この記事は有料記事です。

残り945文字(全文1271文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集