メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新20世紀遺跡

/58 大阪府島本町 桜井駅跡

楠木正成伝説の地、国指定史跡桜井駅跡には「明治天皇御製碑」(左)などがたつ=大阪府島本町で

尊皇の象徴、楠木正成の「聖地」

 明治と改元されて150年の今年、近代の再検証が学会、メディアや出版界でも盛んだ。記者もゆかりの地を訪ねた。

 まずは阪急水無瀬駅(大阪府島本町)に降り立つ。駅前に掲げられた地図をみると、JR島本駅方面に延びる道路に「楠公(なんこう)道路」とある。歩いて5分ほどのところに「史跡桜井駅跡史跡公園」(同町)がある。

 楠公とは楠木正成(?~1336年)である。後醍醐天皇に味方した正成は同年、都に攻め寄せてきた敵の足…

この記事は有料記事です。

残り1051文字(全文1271文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  2. 東京消防ヘリ 福島・いわきで救助中、誤って70代女性落下し死亡

  3. 路上生活者、台風19号の避難所入れず 台東区「住所ないから」

  4. ラグビーW杯 台風19号で試合中止のカナダ代表、釜石で土砂除去などボランティア

  5. リーチ・マイケル主将「台風で亡くなった人たちの家族に勇気与えられたと思う」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです