メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

トーク

2000年以来の再演「凱旋門」で共演 轟悠&望海風斗 闇迫るパリ、亡命者の思い

2000年以来の再演「凱旋門」で共演する専科男役の轟悠(左)と雪組トップスターの望海風斗=宝塚大劇場で、山崎一輝撮影

 2000年に宝塚歌劇雪組で初演された「凱旋(がいせん)門」が、18年ぶりに再び雪組で上演されている。初演時に雪組トップスターとして主演し、現在は専科の轟悠が再び主演を務める。「この18年間にいろんな役を演じてきたからこそ、前回よりリアルな感情を表現できる」と語る。

 第二次世界大戦前夜、ファシズムからの亡命者が集うパリで運命的に出会った独出身の外科医、ラビックと女優志望の娘、ジョアンの悲恋を描く。初演で轟は、文化庁芸術祭賞演劇部門優秀賞を受賞した。「周りのメンバーが変われば自分も違ってくる。新たに作り上げる気持ち」と表情を引き締める。

 初演当時、「宝塚らしくない」と言われたこともあった。「愛や夢を表現するのが宝塚の舞台だが、ナチスからの亡命者が主役でキラキラした場面もない。異色の作品だったのではないか」。だが「テロやミサイルなどの脅威を身近に感じる現代こそ、人間同士の思いやりや温かさを強く感じられるこの作品は受け入れられる」と期待している。

この記事は有料記事です。

残り663文字(全文1089文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 見えたー! ペルセウス座流星群がピーク迎える 天の川と「競演」

  2. 御巣鷹墜落事故で救出、今は3児の母に 川上慶子さんの伯父が振り返る35年

  3. 国民・玉木氏 分党まで持ち出しこだわったものとは 混乱残り前途多難

  4. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念

  5. 宇都宮のコンビニで45歳刺され死亡 刺した男は自分も刺し負傷

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです