メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

金鈴塚古墳

木更津市長方針「出土品を国宝に」 再調査で価値確認 /千葉

 発掘から85年を迎えた木更津市の「金鈴塚(きんれいづか)古墳」の約3000点の出土品について、渡辺芳邦市長は今月開かれた市議会で、「国宝化を目指して取り組む」と宣言した。発掘調査の報告書は戦後の混乱期に作られ、国宝指定の審査には不十分な内容だった。このため、市は再調査を行っており、来年にも改めて報告書をまとめて審査を受ける予定だ。

 金鈴塚古墳は6世紀末の横穴式石室を備えた前方後円墳(全長約140メートル)で、刀剣の出土数日本一と…

この記事は有料記事です。

残り454文字(全文671文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 日本のファーウェイ排除方針、中国が非難
  2. 中国、必死の反発 カナダに対抗策も ファーウェイCFO拘束 
  3. 政府、ファーウェイの排除へ 米国に歩調
  4. ファーウェイCFOを拘束 米国要請受けカナダ当局
  5. トランプ氏は「底なしピノキオ」 米紙、虚偽主張20回で認定

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです