メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

盤上の風景

/24 将棋 長沼洋七段 思い出のNHK杯戦 /大阪

「将棋ソフトで昔の棋譜を調べると、粘る手が見つかることも多い。簡単に投げてはいけないですね」と笑う長沼洋七段=大阪市福島区の関西将棋会館で、新土居仁昌撮影

長沼洋七段(53)=大阪市在住

 駒取り坊主--。いっぷう変わった異名を持つ。プロになる前の16歳か17歳の頃、奨励会時代のある対局で、「相手の駒をほとんど取って、詰ましにいかなかったんですよ。私詰め将棋が苦手だったんで」。そう言って笑うが、最後は見事に勝利。相手は頭にきたのか、あきれたのか、はたまた感心したのか。そこでつけられたあだ名だ。ベテランになった今も、ツイッター(短文投稿サイト)のユーザー名(komato@ribouzu)にしているほどだから、本人は割と気に入っているのかも。

この記事は有料記事です。

残り1369文字(全文1613文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 祖父母殺傷 少年「生徒に殺意。迷惑避け、まず家族を」
  2. 群馬・高崎 石灯籠の下敷きに、中学生死亡
  3. 世界の雑記帳 米女子生徒、祖父の遺灰入りクッキーをクラスメートに配る=警察
  4. 記者不明 「皇太子命令取り違え、将軍が殺害で収拾」報道
  5. 灯籠下敷き 中学生死亡 飛び降り時、手かけ石落下 /群馬

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです