メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

不幸な子どもの生まれない運動

神戸で振り返る集会 30日、脊髄性筋萎縮症の石地さん参加 /兵庫

「『不幸な子どもの生まれない運動』を知ってほしい」と語る石地かおるさん=神戸市兵庫区で、反橋希美撮影

 旧優生保護法(1948年~96年)に関連し、県が全国に先駆けて展開した「不幸な子どもの生まれない運動」を振り返る集会が30日午後1時半、神戸市中央区橘通3の市障害者福祉センターで開かれる。当日の発言者で、脊髄(せきずい)性筋萎縮症の石地かおるさん(50)=同市兵庫区=は「障害者は不幸との価値観を運動として根付かせた県の責任は重い」と訴える。

 運動は66年4月に始まった。その頃の県対策室の刊行物によると、重度心身障害児施設を視察した金井元彦…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 九州新幹線にミッキーデザイン登場 5月17日から半年の期間限定
  2. アクセス NGT48・山口真帆さん卒業表明で運営側への批判再燃 識者は「最悪の幕切れ」
  3. 埼玉・川口の小学校でクルド人いじめ深刻 支援者「特別視せず平等に対応を」 
  4. 漫画で解説 クルド人ってどんな人たち?の巻
  5. 木更津2女児死傷事故 周辺に悲しみ広がる「おしゃべり好きで明るい子だった」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです