メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

不幸な子どもの生まれない運動

神戸で振り返る集会 30日、脊髄性筋萎縮症の石地さん参加 /兵庫

「『不幸な子どもの生まれない運動』を知ってほしい」と語る石地かおるさん=神戸市兵庫区で、反橋希美撮影

 旧優生保護法(1948年~96年)に関連し、県が全国に先駆けて展開した「不幸な子どもの生まれない運動」を振り返る集会が30日午後1時半、神戸市中央区橘通3の市障害者福祉センターで開かれる。当日の発言者で、脊髄(せきずい)性筋萎縮症の石地かおるさん(50)=同市兵庫区=は「障害者は不幸との価値観を運動として根付かせた県の責任は重い」と訴える。

 運動は66年4月に始まった。その頃の県対策室の刊行物によると、重度心身障害児施設を視察した金井元彦…

この記事は有料記事です。

残り535文字(全文757文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 健康対策 米、メントールたばこ禁止方針
  2. 街頭演説 麻生氏「人の税金で大学に」 東大卒市長批判
  3. 橋爪功 「まんぷく」を朝ドラと知らず出演快諾 「泥臭く人間臭いドラマになれば」と
  4. クローズアップ2017 特養、受け入れ敬遠 国の制限「意味ない」
  5. 選抜高校野球 21世紀枠、推薦46校出そろう

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです