メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

防災体験型イベント

大地震備えを学ぶ 1000人参加 尼崎 /兵庫

火災で煙が充満した部屋から脱出する際の正しい避難姿勢を実演する参加者=兵庫県尼崎市猪名寺2の市立園田北小学校で、生野由佳撮影

 防災を学ぶ体験型イベント「あまらぶボウサイリテラシープラス~常ニ備エヨ!~」が24日、尼崎市猪名寺2の市立園田北小学校で開かれた。18日発生した大阪府北部地震では尼崎市内も震度5弱を記録。大きな揺れを経験したばかりの地域住民ら約1000人が参加し、真剣な表情で架空の災害設定に合わせて避難行動を確認したり、防災マップの作り方を学んだ。

 尼崎青年会議所の主催。南海トラフ巨大地震などあらゆる災害に備えて企画した。イベント名の「常ニ備エヨ…

この記事は有料記事です。

残り300文字(全文518文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 発言遮り「極めて無礼でございます」 徴用工問題 河野外相の怒りの伏線は…
  2. 服破れ、髪も焼け、真っ黒「地獄絵図だった」 京アニ放火
  3. 宮迫博之さん芸能界引退意向 吉本は面談継続
  4. 京アニ火災 「聲の形」「氷菓」岐阜県内の聖地でも悲しみ広がる
  5. 京アニ放火 確保の男「小説盗んだから放火」 一方的な恨みか

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです