写真展

100畳に広がる「天平の楽園」 三好和義さん、大仏殿夜景など撮影 東大寺本坊・大広間で来月3日から /奈良

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 南国の島々の作品で知られる写真家、三好和義さん(59)が奈良を撮影した作品の写真展「天平の楽園・東大寺と正倉院」が7月3~13日、東大寺本坊(奈良市)で開催される。東大寺の仏像や正倉院宝物、お水取りなどの行事、境内の風景と、ライフワークの南国の島の写真計70点を100畳の大広間に並べる。【大川泰弘】

 東大寺が宮城で開催した展覧会向けに写真撮影を依頼され、昨年秋から寺の近くに住んで撮影を進めた。夜間や暗い堂内は超高感度で撮影した。お水取り(修二会(しゅにえ))の「五体投地」はISO感度3万6000、シャッター速度3000分の1秒。僧が板に体を打ち付ける瞬間を鮮明な静止画にした。

この記事は有料記事です。

残り261文字(全文553文字)

あわせて読みたい

注目の特集