メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

悼む

歌手・西城秀樹さん=5月16日死去・63歳

 仕事なのに葬儀に行かなかった。泣くのが分かっていたからだ。べったり遊んでいたわけではないが、いつもきちんと気を配ってもらった。それを一つ一つ覚えている。極めて繊細な人物だった。そのことを思い出し涙が出るのは分かっていた。彼の歌も同じである。叫ぶロックもささやくバラードも絶妙にこなした。すべてに「気」が行き届いていた。

 1990年代半ばのある年の紅白歌合戦。男性楽屋では、秀樹の周りに人だかりができる。その時はサーフィンの話題。「河村(隆一)君や(木村)拓哉君に教えたのは僕だよ」と本人たちを前に自慢する。だが全然嫌みでない。「川崎もやれよ」となぜか呼び捨て。嫌だと言うと「じゃゴルフだ」。それも嫌だと言うと「道具もあげるし、練習にも一緒に行ってやる」とまで言う。それも断ったが、今思うと1回くらい付き合えばよかった。

この記事は有料記事です。

残り366文字(全文726文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 吉永小百合さん「泳いで恒彦さんのところに…」 渡哲也さん死去

  2. 俳優の渡哲也さん死去 78歳 ドラマ「西部警察」 「くちなしの花」ヒット 石原プロ前社長

  3. 混乱続く国民「分党劇」 背景に代表と幹事長の合流巡る対立 地方は恨み節

  4. 1本20万円超の水を勝手に注文、支払い巡り女性を脅した容疑でホスト逮捕

  5. JRA栗東トレセンで厩舎3棟燃え、競走馬4頭死ぬ 3人病院搬送 滋賀

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです