メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

南スーダン内戦

和平交渉 局面打開へトップ会談

南スーダン内戦の和平交渉で握手するキール大統領(左)と反政府勢力トップのマシャール氏=エチオピアの首都アディスアベバで21日、AP

 【ヨハネスブルク小泉大士】南スーダン内戦の和平交渉が正念場を迎えている。行き詰まり打開のため、キール大統領と反政府勢力トップ、マシャール前第1副大統領が20~21日、2016年7月の内戦再燃以来初めて会談したが、目立った進展はなく終了。地域不安定化への懸念を強める周辺国は会談直後の声明で、交渉を継続し、2週間以内に暫定統一政権の発足で合意するよう促した。

 キール氏とマシャール氏は20日、エチオピアのアビー首相の仲介でアディスアベバで夕食を共にした。亡命…

この記事は有料記事です。

残り404文字(全文633文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宮迫博之さん芸能界引退意向 吉本は面談継続
  2. ORICON NEWS 松本人志、闇営業の処分内容に疑問 宮迫・亮と後輩「分けてもいいのかなって」
  3. 発言遮り「極めて無礼でございます」 徴用工問題 河野外相の怒りの伏線は…
  4. 服破れ、髪も焼け、真っ黒「地獄絵図だった」 京アニ放火
  5. 宮迫さん契約解消 終息の「落としどころ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです