メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

旧優生保護法を問う

強制不妊 34道府県開示資料(その1)

 旧優生保護法(1948~96年)のもと、障害者らに強制的に不妊手術が実施された問題で、毎日新聞は全国の支局を通じて47都道府県に強制不妊手術についての資料を開示請求した。このうち34道府県から資料が開示された。資料は都道府県が設置し手術実施を決めた「優生保護審査会」の議事録も含まれ、審査された人の個々の事情や審査状況も判明した。さらに9道県で書類のみによる違法な「持ち回り審査」が行われていたり、強制手術を決めた審査会委員らが人権侵害にあたると意識していたりした実態も浮かんだ。旧厚生省の統計を上回る手術数の記録もあった。資料がないとして開示されなかった13都府県についても、その後の調査で新たな記録が見つかっているところもある。開示された資料を自治体ごとに分析した。

この記事は有料記事です。

残り3772文字(全文4108文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 健康対策 米、メントールたばこ禁止方針
  2. 街頭演説 麻生氏「人の税金で大学に」 東大卒市長批判
  3. 橋爪功 「まんぷく」を朝ドラと知らず出演快諾 「泥臭く人間臭いドラマになれば」と
  4. クローズアップ2017 特養、受け入れ敬遠 国の制限「意味ない」
  5. 選抜高校野球 21世紀枠、推薦46校出そろう

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです