メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

旧優生保護法を問う

強制不妊 34道府県開示資料 「おかしい」しかし…手術は断行された(その1)

 34道府県の開示資料には、手術を迫られ、理不尽さを訴える患者側の声がある一方、手術に疑問を持ちながら決定を下す審査会委員の姿も記録されていた。

 「優生保護法とは結局、子孫に不幸をのこさない国家による費用持ちの手術のことで、本人の病気が少しでも軽くなることとは無関係です」。50年に奈良県優生保護審査会に提出された陳情書には1文字ずつ刻むようにこう書かれている。陳情書は「審査の通知が突然ありました」と始まり「一つの無法ではありませんか!」と訴えている。差出人は黒塗りで不明だが、審査され…

この記事は有料記事です。

残り367文字(全文611文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 男性死亡 尻に空気、死因は窒息 茨城県警
  2. 国際秩序の維持 トランプ氏には任せられない
  3. 小田原市職員 「保護なめんな」ジャンパーで受給世帯訪問
  4. 過労死 部活指導で認定 時間外勤務、月100時間 富山の教諭
  5. 神奈川 夏の茅ケ崎、みこし海を舞う

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]