メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

旧優生保護法を問う

強制不妊 34道府県開示資料 国の徹底調査必要 立命館大生存学研究センター・利光恵子客員研究員の話

 各自治体の開示資料を見ると、施設入所中の知的障害のある女性が「出産・育児への心配」「異性への関心」などの理由で不妊手術されているケースが多い。子を産み育てる機会を奪うだけでなく、「性的被害を防止する」といった手術の目的もおかしい。こうした措置は本人保護の視点からみても、決して適切だったとは言えない。

 国はこれまで「手術に関する手続きは極めて慎重だった」「人権の保障について十分配慮している」などと手…

この記事は有料記事です。

残り238文字(全文439文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 男性死亡 尻に空気、死因は窒息 茨城県警
  2. 国際秩序の維持 トランプ氏には任せられない
  3. 小田原市職員 「保護なめんな」ジャンパーで受給世帯訪問
  4. 過労死 部活指導で認定 時間外勤務、月100時間 富山の教諭
  5. 神奈川 夏の茅ケ崎、みこし海を舞う

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]