メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

旧優生保護法を問う

強制不妊 34道府県開示資料 北海道、実施人数全国最多 「人権侵害」なぜ強行した?

北海道が作製した「優生手術〈強制〉千件突破を顧りみて」

 中国人観光客らで連日にぎわう、札幌市にある重要文化財「赤れんが庁舎」。かつての道庁舎だったこの施設の地下には、古い文書倉庫があり、旧優生保護法関連の6309枚のマイクロフィルムが保管されている。これらを含め、現在までに発見された関連記録は計1万714枚。全国最多の2593人が不妊手術を強制されたとされる北海道で起きた「人権侵害」の記録だ。毎日新聞は、記録や取材を通じ、突出して多い北海道の強制手術の実態に迫った。

この記事は有料記事です。

残り2329文字(全文2537文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 九州新幹線にミッキーデザイン登場 5月17日から半年の期間限定
  2. アクセス NGT48・山口真帆さん卒業表明で運営側への批判再燃 識者は「最悪の幕切れ」
  3. 埼玉・川口の小学校でクルド人いじめ深刻 支援者「特別視せず平等に対応を」 
  4. 漫画で解説 クルド人ってどんな人たち?の巻
  5. 木更津2女児死傷事故 周辺に悲しみ広がる「おしゃべり好きで明るい子だった」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです