メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

記者ノート

校長のマタハラ発言

 財務省の福田淳一前事務次官のセクハラ問題は、管理職や同僚が改めて女性の働きやすさについて考えるきっかけになった。学校も例外ではなく、セクハラやマタニティーハラスメント(マタハラ)は存在する。驚くことに、「3年生の担任は妊娠してはいけない」と発言した校長もいるという。

 九州地方の公立高校に勤務する女性教諭は今年2月、勤務環境について男性校長と話し合った際、「1、2年の担任は妊娠してもいいが、3年はダメ。進学を控えた時期…

この記事は有料記事です。

残り318文字(全文529文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「結婚は認める」しかし… 秋篠宮さま、重い立場に複雑 「見える形」での説明求める

  2. 「多くの人が納得し喜んでくれている状況ではない」 秋篠宮さま会見全文

  3. 「親としては尊重。結婚を認める」 秋篠宮さま、眞子さまの思い表明に

  4. 「菅語」を考える 論理的でない受け答え「首相の器ではない」 上西充子法政大教授

  5. 無人駅、東京でも1割 障害者に支障 国、指針策定へ 国交省調査

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです