メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

スポーツクライミング

ジャパンカップ 野口が初代女王 複合

決勝で課題を攻める野口=喜屋武真之介撮影

 スポーツクライミングで2020年東京五輪を見据えて新設された複合のジャパンカップは24日、盛岡市の岩手県営運動公園などで予選を通過した男女各6人による決勝が行われ、女子は野口啓代、男子は楢崎智亜(いずれもTEAM au)が優勝した。

 複合はスピード、ボルダリング、リードの3種目で、各種目の順位を掛け算した得点の少なさを競う。野口は、スピード3位、ボルダリング1位、リード2位の6点。楢崎智はそれぞれ1位、4位、1位の4点だった。

 女子で予選1位通過の伊藤ふたば(同)はスピードで1位だったが、ボルダリング、リードはともに3位の9…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 羽生、魂の演技でフリー200点、トータル300点超え
  2. 読売新聞記者がセクハラ 懲戒処分へ
  3. 人口動態統計 10~14歳死因、自殺最多 17年100人、動機不明が突出
  4. 10代前半の死因、自殺が1位 若者対策が喫緊の課題
  5. 「皇帝」の演目演じきった羽生、300点台の2位にも「負けは死も同然」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです